ペーパーアイテムってどうやって準備したらいいの!?

ペーパーアイテムは何があるのか

まずは、結婚式の招待状です。挙式の場所と日時を伝えることや出席者を確認します。招待状の出欠確認ができたら、席次表を作ります。披露宴に来てくれたゲストの席を載せたり、新郎新婦のプロフィールを載せたりするのが一般的です。次は席札ですが、ゲストに席の位置を知らせる役割があります。新婦の中には、席札の内側にゲストへ向けたメッセージを書き、感謝を伝える人もいるでしょう。最後は、披露宴で振舞われる料理のメニュー表も必要です。これらが、代表的な4種類です。

式場に準備してもらう

ペーパーアイテムは、結婚式場ですべて準備できます。招待状などのペーパーアイテムは、担当者から紹介されたものの中から選びます。決まったら新郎新婦が次に何をしたらいいのか担当者から指示があります。例えば、招待状だったら新郎新婦がそれぞれ呼びたいゲストの名前の提出があります。このように、担当者が計画してくれた日程に沿っていけば、漏れることなく準備を進められるでしょう。式場で準備する良い点は、式場のイメージに合った統一感のある仕上がりにできることです。式場の色合いが白を基調にしていて、羽がモチーフだった場合、4つのペーパーアイテムのどこかに白と羽を入れることで結婚式全体がまとまります。

自分達で手作りして準備する

節約するために、手作りをするのもよいでしょう。式場に頼むより、三分の一の値段で作ることが可能です。結婚式専門の用品店に行けば豊富な品揃えがありますし、専用のテンプレートもあるので簡単に作ることが可能です。式場のイメージも考慮しつつ、自分達らしいペーパーアイテムを作れたら、思い出に残りますよね。自分達に合った方法で準備し、素敵な結婚式にしましょう。

奈良の結婚式場は都会にある最新の設備を使った結婚式場よりも、和を取り入れた趣のある式場として人気があります。