単身赴任の寂しさを紛らわすための過ごし方

意外と寂しい?単身赴任

転勤が決まり、勤務地の情勢や家庭の事情から単身赴任をする人も多くなっています。今まで家族と暮らしてきた人にとって、単身赴任は羽を伸ばせていいかも…と思っているかもしれません。しかし、慣れない土地で一人になるのは意外と寂しいものです。寂しさを紛らわすための過ごし方について知っておくと良いでしょう。

ひとりでも入れる店を開拓する

ひとりで暮らしていると、仕事終わりにまっすぐ家に帰っても誰もいません。夕飯の準備をしてくれる人もいないので、自分で用意する必要があります。でも帰って支度をするのは面倒くさいですよね。そんな時はひとりでも大丈夫そうな店を探して入ってみましょう。お酒が飲める人なら、飲み屋を開拓するのもいいと思います。転勤族が多く暮らす町であれば、単身赴任者が集う居酒屋などがあったりしますので、会社の人に聞いたり、地域のコミュニティを使って探してみましょう。店員さんと顔見知りになったり、ひとりのお客さん同士で仲良くなったり…なんてこともあるかもしれません。

やっぱり家族が一番!家でビデオ通話

仕事終わりは家でゆっくりしたい…という人もいますよね。ひとりで家にいると家族が恋しくなります。そんな時におすすめしたいのが、ビデオ通話です。最近はSNSや専用のアプリでビデオ通話が簡単にできるようになりました。家族の様子がわかりますし、声が聴けるので寂しさも忘れてしまいます。ただし、気を付けたいのは頻度と時間帯です。小さい子供がいる家庭では、夕方から夜寝かしつけるまでは怒涛の時間です。ビデオ通話をするならあらかじめ日時を決めておく方がよいでしょう。

単身赴任の家具を揃えるときは、次に退去するときのことを考えて購入します。余計な家具を購入し無駄にならないようにします。